令和元年5月吹上浜砂の祭典

毎年5月1日より南さつま市で、砂の祭典が始まる。午前8時30分に一番乗り目指して行ってみた、今年も素晴らしい砂像が並ぶ。あいにくの雨にもかかわらず、黙々と砂像作りする後ろ姿が気になり、立て看板を見ると、えっあの方ですか!滅多にお会いできない世界で活躍されている。茶園勝彦さん

ハイチーズお仕事中失礼しました

アイスdayがやってきた

たくさん、アイスを買いました

もう楽しみで、一番に駆けつけたのは4年生女の子すぐ算盤の練習を始める。元気な男子も次々やって来た。皆んなが終わる頃はにぎやかだ。兄ちゃんずるい、まだ終わってない。とかもう終わっていい?とか。終わってないのに、終わったとか皆んなで、食べるアイスはとんでもなく美味しい

木下大サーカスを観る

長野県で10才の時見て以来サーカスを観た。凄い楽しい有り得ない。空中ブランコが命綱あり、という事は、どんなに危険か?という事が判る。さすが私も大人になった。一番見たかった白ライオン凄すぎて怖い。でも、ゴールデンみたいと、思うと可愛い日本47都道府県あるなかで、1年で、まわれるのは、たった5県とのこと、次はひょっとして、10年後か、残念私後期高齢者